この質問は
周りの人ときちんとコミュニケーションができているのか
そして自分を客観的に見つめることができているのか
を確かめている。


そもそも人とコミュニケーションをとっていないのなら、
この質問に答えることはできないだろう。

会社はちゃんと人とコミュニケーションがとれない人はやっていけない。

連携や協力、お客さんへの対応など、コミュニケーション能力は何よりも大事なので、
こういう質問で間接的にあなたがコミュニケーション能力があるのかを確かめているのだ。


そして、もしあなたが何かを答えれば、
面接官があなたを見ての印象と一致するのかを確認することで、本当のことを言っているのかわかるのだ。

声が小さく自信がなさそうに見えるのに、
「元気で堂々としていて明るいことです」なんて言うと失笑ものだろう。


この質問に答えるためには、前もって友人・先生・家族など誰でもいいので
「私のことをどう思う?」と聞いてみることをお勧めする。