これは企業研究がどれくらいできているかを確かめることで、興味の度合いを探り、入社意欲を見ているのだ。


入社するためには企業研究という努力は絶対に必要だ。努力なくして内定は勝ち取れない


内定が得られないと言う学生はそういう努力ができているか、一度自分を見つめてみたほうがいい。



メーカーであれば、いくつかの商品名は言えるようにしておこう。

「何も知らない」ではその企業に興味のないことがわかるので、落ちる可能性がぐんと上がる。


企業研究は主にHPからになると思うが、もちろんHPのは徹底的に調べ、四季報や新聞などからプラスアルファの情報を持っていれば安心だろう。


また理系であれば、特許も見て商品・製品の情報を詳しく知っていると面接官もあなたに一目置くだろう。


商社であれば仕事内容、どんな事業を展開しているのかくらいはHPを徹底的に見て知っておこう。


これはあなたがどれくらい詳しく企業研究をしてきたのか、それを面接官に披露することで入社意欲をアピールするための質問だと心得ておこう。