これは応募者が抱いている仕事のイメージと現実とのギャップがないのかを確認するための質問だ。


「入ってみないとわからない」というような答え方をする学生は落ちる。


確かに漠然とした質問だが、それはつまりどうとでも答えることができることを意味している。

なのに「わからない」とネガティブなことを言っているようでは考えることを放棄している証拠だし落とされて当然だ。

また「わからない」と同じくらいダメな答えは「何でもいいです。」だ。

これは配属する上で困るし、仕事への姿勢を疑う。

仕事についてはHPを見たり、会社説明会に行けばどんな仕事があるのかは少しはわかるだろう。

それに、会社の理念などを絡めて考えれば、どんな仕事をしたいのか、自ずと語れるようになるはずだ。

わからない・何でもいい、というような答え方をする学生はあまり企業研究をしていない証拠。

もし志望度が高いならば、よーく企業研究をして、どの企業に対してもしっかりとした答えを用意しておいたほうがいい。